フヂイエンヂニアリング
 
 
フヂイエンヂニアリング 
 
Top Maintenance Racing Activities Enjoy Making CarsBlog Contact
 
 
 |199820012005200820092010201120132015
 
フヂイエンヂニアリングは、車を通じて生活を楽しむ事を目的とした車屋です。
お客さんの車を修理したり、車検したり、たまに改造したり、レストアしたり。
車の楽しみを追求し過ぎて、レーシングカーを造ってしまったりもします。(笑)
遊びが過ぎていろんな事に手を出すので、技術の引き出しはたくさん持っています。

  Return to top
1998  
三重県四日市市で極めて普通のサッカー少年として育った充少年は、
鈴鹿のF1を見て「これしかない!」と自らの進路(就職先)をF1ドライバーと定め、大学なのにレーシングカーを造るという東海大学工学部動力機械工学科へ進学。しかし、大学では初めての一人暮らしで厳しい親の監視から解放された結果、学問ではなく昼も夜も「クルマ、車、クルマ。」に没頭。峠、サーキット、ドリフト、カート。やりたいことは全部やった青春時代。写真は箱根ターンパイクで。
  Return to top
2001
卒業後、地元三重で就職。目的はもちろんレース。
生活のすべてをレースにつぎ込みましたが、才能と資金はすぐに枯渇。
レーシングカーに乗っている時間は至福の時。
でも、それ以外はただひたすらに辛い、そんな時期でした。
学生時代はなんだかんだ言って、親の保護下で調子に乗っていただけで、
いざ一人の人間として社会に相対した結果、ボロ雑巾のようにやられ、
無力さを思い知りました。
大変に多くの学びがありました。
  Return to top
2005
学生時代からの友人のAE86の大改造を通じて、「フレーム補強の基本」
「エンジンチューンの基本」を学びました。
フレーム補強は成功したが、エンジンチューンはブローを繰り返して、
それでも思ったようなパワーが出なくて苦労の連続だった記憶ばかりです。
  Return to top
2008
普通のAE86では飽き足らず、トラクション不足を解消すべくミッドシップ化に挑戦しました。AE101のフロントセクションを丸ごとリヤに持ってきたという暴挙!ですが、これが意外に良くて、ノーマルのハチロクでは得られない圧倒的なトラクション性能が得られました。その後、トラクションを活かす為のモアパワーを!とスバル水平対向ツインターボエンジンへと換装される作業が進められましたが、M01の開発がスタートした事によって棚上げ、そしてそのまま放置・・・そのままお蔵入り(涙)


  Return to top
2009
念願のフレームビルダーへの第一歩「M01」の開発に着手しました。
3D CADでの設計(大学でちゃんと勉強しときゃ良かった)から溶接、あらゆる事を自分たちでやりました。今になって思うと無謀極まりない挑戦でしたが、物凄く勉強になりました。

  Return to top
2010
サンデーレース仕様だったAE86でしたが、JAF戦に挑戦することに。
戦いの場は「もてぎJOY耐」、細かくレギュレーションでコントロールされるJAF戦マシンの製作の
難しさ(面倒くささ)を痛感しました。

でも、7時間のレースをどうにかゴールした時の感動は忘れられません・・・・。 
  Return to top
2011  
㈱童夢にてスーパFJマシン「F109」の製作作業に取り組む。
今まで独学で何もかもやってきた自分にとって、日本を代表するコンストラクターでの1ヶ月間は、ネジの管理方法から作業方法まで全てが勉強になりました。
ここで基礎を学べた事で、これからのモノづくりに凄く活きてくると思います。 
  Return to top
 
2013  
 M01でK4GPセパン24時間耐久レースに挑戦しました。
万全の準備で挑んだはずが、開始数時間でミッショントラブルが発生し、
修理してはコースに戻し、また壊れてピットインの繰り返し、本当に長い24時間でした。
耐久レースの厳しさと、自動車造りに対する自分の甘さを思い知った苦くて大切な経験になりました。 
  Return to top
 
2015  
童夢の林みのる氏の引退パーティで披露する為に、氏のキャリアの出発点で重要な役割を果たした2台の車両「カラス」「MACRANSA」の復刻製作に取り組みました。
これは、ただ図面に沿ってクルマを造ったというよりは、1965年(カラス)と1967年(MACRANSA)にタイムトリップして、若き日の林みのる氏や故浮谷東次郎氏、その仲間たちが溢れるレーシングカーへの情熱を持って製作している情景を追体験したような、不思議な作業でした。 
  Return to top 
   
Copyright (C) FUJII-ENGINEERING. All Rights Reserved.