レース活動
 
 
フヂイエンヂニアリング 
 
Top About Fujii EngineeringMaintenance Enjoy Making CarsBlog Contact
 

フヂイ エンヂニアリングの物語は、自動車レースと共にあります。
代表の藤井は自動車レースに青春を捧げました。
フヂイ エンヂニアリングが創業後も、AE86のレーシングカー製作やレース参戦
さらにオリジナルレーシングカーの製作と、そのマシンでのレース参戦。
ここ数年は、鈴鹿クラブマンレースに継続的に参戦し、
2015年はクラブマンスポーツクラスでフヂエンレーシングの鈴木啓太選手が6戦4勝という
圧倒的な成績でチャンピオンを獲得しました。今後も継続的にレースは続けます。
 
 
フヂイ エンヂニアリングがレースをする理由。
自動車レースは他のスポーツと比較して極めて複雑で高価な道具で競う競技ですから、かなり特殊です。
ドライバーは機械の性能をよりうまく引き出すためトレーニングを積み、エンジニアとメカニックは、その機械の性能をより高める為に試行錯誤を重ねます。
また、アマチュアクラスでも一般には理解されにくいレベルの資金が必要ですから、資金面でのマネージメント力も必要です。
つまり、レースで勝つためには、ドライバーだけじゃない、エンジニアリング・マネージメント等の総合的な能力が求められます。
そう、自動車レースに求められる能力というのは、実社会で求められる能力と非常に似た部分が多いのです。
ですからレースフィールドでは日常では有り得ない厳しいプレッシャー下で、人間は極めて短期間で鍛えられ成長します。
若い技術者や、ドライバーにとっては、最高の「人間トレーニング」の場なのです。
また、ある程度の経験を積んだ技術者やドライバーにとっても、気を抜いて楽をすると、ボコボコに負けてしまうレースでは、常に研鑽を重ねないと、技術的に置いてけぼりを食らうという事で、これまた鍛えられます。
私はとくに、意志が弱くてすぐに楽をしようとしてしまうので、レースをやる事で無理やりに自分自身を律している部分があります。
だからレースはやめられません。(汗)
 
  Return to top
   
Copyright (C) FUJII-ENGINEERING. All Rights Reserved.